VSTSがEast Asiaで稼働&リージョン変更してみました

また更新間隔が開いてしまいました・・・(;´Д`)

気を取り直して、11/10にVSTSの稼働リージョンとしてEast Asia(香港)が追加されたというアナウンスがありました。


001

(リンク先はこちら

詳細はリンク先のブログを参照していただきたいのですが、今から新しくアカウントを作成する人はEast Asiaにサイトが作成されますが、既に作成している場合はサポートにお願いして移動する必要があります。
※新規作成時のサイトは、作成するアカウントのプロファイルにある「国/地域」に一番近いリージョンで作成されます。

まぁ「物は試し」ということで、自分のサイトを移してみました。
まず、移動前はこちら。
002

「North Central US」で稼働していました。

最初に、VSTSのサイトから「サポート」-「VSTS」を選択してサポートページに移動します。
003

サポートページの下側に「お問い合わせ」枠があるので、その中から「Techinical Support」をクリックします。
004

サポートオプションを聞かれるので、金欠な自分は無償の「Basic Support」を選択しました。
005

(ここから英語で頑張らないといけません・・・)
サポートインシデントの入力画面に移るので、各項目を選択していきます。
006

自分は以下の内容で申請してみました。
・Probrem type:Service Issue
・Category:Team Services performance
項目を選択したら、「Start request」をクリックします。
次にインシデントの詳細情報を入力する画面に移るので、頑張って入力します。
007

008

基本的には素直に入力or選択します。「Telephone number~」は電話番号の先頭を’0’から’81’にしています。携帯番号でも通ります。

「Continue」をクリックすると次画面に移ります。
009

010

・Incident title
翻訳サイト様のお力を借りると「I want to move the site to East Asia」といった感じです。
・What is your Visual Studio Team Services URL
サイトのURLを入力します。前画面で入力したメールアドレス(アカウント)がオーナーの場合にはすんなり手続きできますが、そうでない場合は面倒かもしれません。
・Problem Description
自分はIncident titleと同じ内容にしました。
・What is the exact text of any error messages~
エラーではないので「No message」にしました。
後は「I accept the Agreement for Microsoft Services.」のチェックボックスをONにして「Submit」をクリックすると、サポートに送信されます。すると、サポートから(恐怖の英語)
メールが届きます。
概要としては、
・申請者がサイトオーナーであることが確認できたので、移動することができる
・移動元リージョン/移動先リージョン/サイトを移動できる日付・時間帯/移動したい理由を返信してくれれば、実際にサイトを移動する。 ※サイト移動に約5時間かかる!!
といった感じです。
※細かな条件・制約も記載されていますので、実際に移動する際はメール内容をちゃんと確認してください。

先ほどの質問事項に対する回答をメールで返信すると、サポートから「やってやるぜ!!」(超意訳&とある声で脳内再生)メールが届きますので、サイトが移動するまで待ちます。

月曜にインシデントを上げたのですが、土曜にサイトが移動していました。(おそらく金曜の深夜に移動)
011

なんとなくですが、画面遷移とかは早くなったような気がします。
(ビルドとかはまだ動かしていません(;^ω^))

機能は全く変わらないので、「少しでも早いほうがいい」という方は是非どうぞ。

カテゴリーVSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です