HockeyAppサービス終了のお知らせ

MSのブログに以下の記事が投稿されていました。
MS クラウド ニュースまとめ – HockeyApp の Visual Studio App Center への移行 他 (2018 年 11 月 28 日)

概要としては、HockeyAppサービスがAppCenterに統合されるので、HockeyAppサービスは2018年11月16日にサービス終了するというものです。元々HockeyAppはAppCenter(当時はMobileCenter)に移行するとのアナウンスがありましたが、ようやく詳細が発表された感じです。
※上記リンクの中ではHockeyAppのサービス終了が2018年と記載されているのですが、原文(英文)を見ると、2019年11月16日に「HockeyApp will no longer be acessible」と書いてあるので、日本語ブログの記載誤りかなと思われます。

HockeyAppのサイトに行ってみると、思い切りAppCenter移行モードの表示になっています。

また、HockeyAppに登録されていたアプリは、AppCenterでも使用できる状態になっています(「side-by-side experience」として提供されているようです)。

(3番目のアプリが元々HockeyAppに登録されていたアプリです。アプリ名の後ろにHockeyAppのアイコンが付いてます。)
全部のデータは確認できていませんが、一部のデータは正しく反映されていないものがありました。
・アプリのLast Updatedの日付が異なってる
・Crash Reportが反映されていない(これは致し方ないかもしれませんが・・・)

アプリをHockeyApp SDKからAppCenter SDKに移行する時間も必要なので、移行期間中はHockeyApp側で管理を続けて、AppCenter SDKに移行した後はAppCenter側で管理することになるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください