Express(node.js)とMySQLを使用したREST APIサービスをAzureに展開してみる:リリース

リリース定義作成 その2のつづきです。

 

リリースは、定義作成画面だと右上、リリース定義一覧だと定義名の右側の「・・・」をクリックすると出てくるメニュー、またはリリース一覧(右側)の上にある「+ Release」をクリックします。

025
026

 

「Create Release」と「Create Draft Release」の2つが出てきますので、「Create Release」を選択します。

 

027
Pipelineのところで展開先の環境名(「MySQL in Azure」)をクリックし、「Create」をクリックします。

 

リリース一覧が表示されるので、最新のリリース(ここでは「Release-2」)のところの「・・・」をクリックし、「Open」または「Open in new tab」をクリックします。
028
まだリリースは実行されていません(真ん中あたりにある「Deployment status」が’NOT DEPLOYED’)ので、「Deploy」をクリックしたあと、「MySQL in Azure」をクリックします。
029
デプロイ内容の確認画面が表示されるので、「Deploy」をクリックすると、デプロイが実行されます。。
実行中のログは「Logs」タブをクリックすると表示されます。
030

 

Stepがオールグリーンになれば、デプロイは正常に終了していて、Azureにリソースが作成されているはずです。
031
032

 

ようやく、AzureのリソースをVSTSから展開する基礎部分ができました。(長い・・・)

 

次は小ネタで、最初に作成しておいたほうがいいビルド定義についてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください