「MSSCCI始める前に」まとめ

[2019/07/29時点]

Microsoft Source Code Control Interface(MSSCCI)最新版

MarketPlaceにインストーラーがあります。

  • 64bit版

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=TFSPowerToolsTeam.MicrosoftVisualStudioTeamFoundationServer20132015M-11387

  • 32bit版

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=TFSPowerToolsTeam.MicrosoftVisualStudioTeamFoundationServer20132015M

※「2013&2015」とありますが、MSSCCIの仕様が変わらないので、TFS2017/2018、Azure DevOps Server 2019に対しても接続できます。

システム要件

接続可能なAzure DevOps Server/Team Foundation Server

MSSCCIとしては、最新版のAzure DevOps Server(2019)まで接続可能なようです。

  • Azure DevOps client compatibility

https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/server/compatibility?view=azure-devops

(「Visual Studio and Team Explorer」と「MSSCCI Support」に記載があります)

サポート対象(だった)クライアント環境

MSSCCI 2013&2015の前提としてTeam Explorer 2013が必要ですが、サポート対象は、

  • Visual Studio 2013 のシステム要件

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/productinfo/vs2013-sysrequirements-vs

にあるとおり、Windows 7~Windows 8.1までです。(Windows 10はサポート外。ただ、動くらしい。)

Team Explorer 2013の入手方法

Team Explorer 2013を入手するためには、Dev Essestialsサブスクリプションへの登録、またはVisual Studioサブスクリプションを入手し、my.visualstudio.comからダウンロードします。