VirtualServer2005用ツールの自作 その2

まずは、VB.NETから操作する方式とその設定について。

WMIで操作するのが楽なんですが、稼働中のゲストOSしか列挙できない様子。
今回の対応だけであればいいのですが、機能追加を考えると稼働していないゲストOSも操作可能にしたいので却下。

となるとCOM経由でのアクセスになります。
スクリプトでも「CreateObject」を使って操作している例が多数あります。
ですが、VB.NETから「CreateObject」はしたくないので、「参照の追加」でCOM参照をしておきたいなと。
Photo
でも、何を追加すればいいの??

小一時間探してなんとか資料を発見。
VirtualServer2005インストールフォルダ(デフォルトは「C:\Program Files\Microsoft Virtual Server」)の下に「Documentation」フォルダがあり、その中の「Microsoft.VirtualServer.Interop.dll」を参照追加します。
(同じフォルダにある「Microsoft.VMRCClientControl.Interop.dll」は、VMRCクライアントの機能を使用するためのDLLです)

あとは「Microsoft.VirtualServer.Interop」をImportすれば簡単にソース記述できるようになります。
(Intellisenseもちゃんと出てきます)

Imports

これでメデタシメデタシと思ってたのですが...。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください