VirtualServer2005用ツールの自作 その3

とりあえず、適当なサンプルを書いて動かしてみると...


Photo_2

なんじゃこりゃ~

どうもプロセス偽装が必要な様子。まぁ、サービス実行されているものに対して操作を行うので当然といえば当然ですが。
でもどうすりゃいいの??ということで小1日かけて検索し、たどり着いたので英語のMSDNにあるVirtualServerのページ
Msdn

COMを使って操作するための基礎情報は、「Using Microsoft Virtual Server」-「Connecting to the Virtual Server COM Object」にあります。
しっかりとC#でサンプルがあるので確認すると、Ole32.dllにある「CoInitializeSecurity()」を呼び出して偽装レベルを設定しています。

これをほぼコピペでVBに移植したら、やっと動きました。
これで完成か??と思いきや、まだネタがありました。orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください