2013年の開発トレンド先取りセミナーに参加してきました

2013/02/01に開催されたMicrosoftとTFSUG 共催イベント「2013年の開発トレンド先取りセミナー」に参加してきました。
今回、平日の昼から開催でしたが、ほぼ満席状態となりました。

いろいろありすぎて書ききれませんが、個人的に印象に残ったのは
・AUM Summit 3で発表されたVisual Studio/TFS Update 2 CTP版リリース
・ALM Summit 3でのトレンド
 Build, Measure, Lean virtuous cycle
 Customer:discovery→Validation→Creation→Building
 Reporting:Measure→Know→Change→Lead
 一定のサイクルで開発を回すこと/「開発をどうするか」ではなく「価値(顧客)をどう創造するか」に完全にシフトしていること
 もはや「Agile」「継続的デリバリー」について語られないというのは衝撃的でした。

登壇者のセッション資料はこちらに上がっています。
 ・中村さん
  Microsoft社 × TFSUG 共催イベントを開催しました
 ・吉羽さん
  [資料公開]Scrumの概要 (2013年の開発トレンド先取りセミナー)
 ・飛び入り参加された亀川さん
  TFSUGと業開中心会議で飛び入りでしゃべってきました
 ・長沢さんのALM Summit 3最速レポート
  ALM Summit 3 の最速参加レポート
 ・当日のツイッターまとめ
  「2013年の開発トレンド先取りセミナー」のまとめ
自分も「TFSは.NET専用じゃないですよ~」ということで、JavaでTFSの構築例についてお話させて頂きました。

まずはUpdate2でVisual Studio/TFSがGit対応するので、Git本買って勉強します^ ^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください