TFS2010とTFS11(Beta)の比較 その2:作業項目クエリー(Agile)

TFS2010とTFS11で、標準で作成される作業項目クエリーの一覧を比較してみます。
今回はAgileテンプレートで作成したプロジェクトです。

左から、TFS2010、TFS11、TFS11 Expressで作成したプロジェクトの作業項目クエリー一覧です。(全部を見るのは、VS2010のほうが簡単です^ ^;)

Agilelist

見たところ同じような感じですが、
 ・TFS11/Expressでは「Feedback Requests」が追加されている
 ・TFS2010では「イテレーション1」「イテレーション2」と表示されるが、TFS11/Expressでは「現在のイテレーション」と表示される
  より「今の作業に注目」する方向で表示が変更されているのかと思われます。
  ※Web管理画面で「イテレーション」を見ると、今まで通り「イテレーション1」といった項目で表示されます。
といったところが変更されています。

TFS11 Expressでもクエリーが変わらないのはうれしい限りです。

次は、CMMIテンプレートで作成したプロジェクトを比較してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください