TFSとWSUSの同居環境で

前回、Azure DevOps Serverにバージョンアップしたブログを書きましたが、その発端となった事象についてです。

とある修正をしようとして、作業項目を入力するためにサイトにアクセスすると500の内部サーバエラーが・・・

( ゚Д゚)
TFS環境は何も変更してないぞ。
サーバを再起動してもTFS2017を再インストールしても解消せず。アクセス権も問題なし。Azure DevOps Serverにバージョンアップしてもダメ。
詳細を確認したいのでサーバで再度アクセス。

Google様のお力をお借りすると、WSUSの情報が。
IIS 7.x / 8.x HTTP Error 500.19 in combination with WSUS and compression schema module
確かに直前までWSUSも入っていたサーバなので、記載のとおりC:\Windows\System32\inetsrv\config\applicationhost.configを確認してみると、configファイルに記載されているsuscomp.dllが存在しない状態だったので、appcmd.exeで設定を削除した後にIISを再起動したら正常にアクセスできるようになりました。

サーバにいろいろ詰め込むとこんなことにもなるんですね。サーバ分けたい・・・(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください