Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta変更点:ビルド定義の選択

まずは、ゲートチェックイン有効時に、どのビルド定義を使用するかが指定可能になりました。
無印版は、1つのTFSプロジェクトで複数のゲートチェックインビルド定義が存在する場合、どのビルド定義を使用するか指定できませんでした。
(詳細は1つのTFSプロジェクトで、.NETとJavaの共存は可能か?を参照)

今回のSP1 Betaでは、VisualStudioと同様にビルド定義の指定画面が表示されるようになりました。

01

※メッセージが全て英語なのは、まだ日本語LanguagePackが出てないためです。

これで、1つのTFSプロジェクトで.NETとJavaの共存がゲートチェックインを使っても可能になりました。

ゲートチェックイン後のソース管理状態についても変更がありましたので、つづきへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください