TFSでJavaのビルド環境構築 in 2012 その8:FindBugs

FindBugs部分についてです。

026

ポイントですが、
 ・レポートの出力先をBinaries配下にする(outputFile="${findbugs.result.dir}/FindBugsResult.html")
 ・エラーを検知したときのみに、プロパティをセットする
  errorProperty="findbugs.error.failed"
  warningsProperty="findbugs.warnings.failed"

あと、その2でも書きましたが、サーバのOS環境変数に「LANG=ja_JP.UTF-8」が設定されていないと、レポートの日本語部分が文字化けします。

次が最後ですが、今まで行ってきた各種チェックのエラー有無判定とJarファイル作成部分についてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください