TFS2013インストール(できるだけコマンドで) その1:概要

毎度ながらご無沙汰状態で申し訳ありません(/_;)

ちょっと調べものをするために環境を作ろうと思っていたところに、Visual Studio 2013 Update 3やTeam Foundation Server Updte 3が降ってきたので、一から環境を再作成することにしました。
でも、今までと同じように作成しても面白くないので、今回はできるだけコマンドを使ってインストールしてみることにします。

今回作成する環境は次の通りです。
○Active Directoryサーバ
 OS:Windows Server 2012 R2 with Update
 ドメイン名:tfs2013.localnet
 コンピュータ名:tfs2013ad01

○Team Foundation Server 2013 サーバ
 OS:Windows Server 2012 R2 with Update
 コンピュータ名:tfs2013sv01
 SQL Server:SQL Server 2014
 SharePoint:SharePoint Foundation 2013 with SP1

○ユーザなど
 ・グループ
  TFSServices, TFSDevelopers
 ・ユーザ
  TFSService(TFSServices)
  TFSAdmin, TFSDev01, TFSDev02(TFSDevelopers)

今回のポイントは
・SQL Server 2014を使う。
 →Team Foundation Server 2013用に無償で使えるSQL Serverとして2014が対象になるので。(詳細はBrian Harry’s Blogにあります)
・Windows Server 2012 R2でSharePointを使う
 →TFS 2013にはSharePoint Foundation 2013が同梱されていますが、Windows Server 2012 R2には対応していないのでインストールできません。しかし、Windows Server 2012 R2対応のSharePoint 2013 SP1が出ているので、これを使ってみます。

前置きはこのぐらいにしておいて、次からは実際のインストールの手順についてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください