TFSとGradleの連携7:Ivy環境作成1

Ivyはライブラリの依存関係を管理するツールです。
.NET
でいうところの
NuGet
といった感じでしょうか。
今回の環境を作成するときにちょっと調べてみたのですが、具体的な手順を書いたものが見当たらなかったので、簡単にまとめてみました。

 

プロジェクトサイトはここになります。
http://ant.apache.org/ivy/


Apache Project
なんですね)

ちなみに、今回使用したバージョンは
2.4.0-rc1
です。
前提として、

JDK

Ant
が必要ですので、事前にセットアップしておきます。
環境変数の

PATH
に、「
[Ant
インストール先フォルダ
]\bin
」を追加しておいてください。

インストールですが、プロジェクトサイトにある「
Download
」から
binary
をダウンロードし、解凍します。解凍先にある「
ivy-2.4.0-rc.jar
」を、
Ant
インストールフォルダにある「
lib
」フォルダにコピーするだけです。

次に、ライブラリを格納しておくリポジトリを作成します。


[Ivy
インストール先
]\src\example\build-a-ivy-repository
」フォルダにある「
build.xml
」を編集します。
→リポジトリの作成先を「

[Ivy
インストール先
]\src\example\build-a-ivy-repository
」から「
C:\ivy-repository
」に変更します。
変更点は2点です。

1.

${basedir}
」を「
${repositorybase}
」に変更する。

2.

<project
~」の下に、「
<property name="repositorybase"
value="c:/ivy-repository"/>

」を追加する。


Gradle037

変更したら、コマンドプロンプトで
[Ivy
インストール先
]\src\example\build-a-ivy-repository
」に移動し、「Ant -f build.xml」を実行すると、「C:\ivy-repository」を作成します。

この状態は「ライブラリを格納する器を作った」だけなので、実際に使用するライブラリをパブリックリポジトリからダウンロードする必要があります。

実は、前に実行したbuild.xmlの中で、「common-lang」はパブリックリポジトリからローカルリポジトリにダウンロードするよう、タスクが定義されています。

Gradle038

次に、このタスクをベースにして、各種ライブラリをダウンロードするbuild.xmlを別に作成します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください