TFSとSubversionとの連携でエラー

ちょっとしたバグに引っかかったので、メモ書きです。

TFS2015では、Subversionのリポジトリからソースコードを取得してビルドが実行できます。



101_2

これを使って、他チームが使ってるSubversionのリポジトリからソースコードを取ってきて、SonarQubeで分析してみるテストをしようと思ったところ・・・



102_2

ソースコードが取得できない (;゚Д゚)

Visual C++ 2010 再配布可能パッケージが必要なんですね・・・。
ここからダウンロードしてきます。
32bit: https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5555
64bit: https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=14632

インストール→再起動して、もう一回実行すると・・・



103_2

・・・なぜっ! (;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)

いくら考えてもわからないので、Microsoft Connectにバグ報告。
何回かやり取りしたところ、この回避策やってみてくれと。
reg add HKLM\Software\Microsoft\VisualStudio\10.0\VC\VCRedist\x32 /v Installed /t reg_dword /d 1
(これって、単にパッケージのインストール判定するときのレジストリキーを単純に間違えてる(32bit版は「x86」)だけじゃ…)

・・・



104_2

通ったぁ~~
ちなみに、ビルドエージェントが32bitOSのときに発生します。(64bitOSでは正常に動作します)

次のバージョンで修正してほしいところですが、GitHubのビルドエージェントのリポジトリ(https://github.com/Microsoft/vsts-agent)にある最新版は64bitしか提供されていないのと、「Team Foundation Server "15" RC1」が出てる状態なので、このままかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください