MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 – 開発ツールインストール

証明書発行の次は、VSTSでXamarin.iOSをビルドするための環境を作成します。
まずは、VSTSのビルドエージェントを実行するためにユーザを作成しておき、以降の作業は作成したユーザで行います。
次に、開発ツールのXcodeとXamarin Studioをインストールします。
〇Xcode
App Storeからxcodeを検索してインストールします。
001_2
002_2
インストール終了後一度起動すると、Lisence Agreementの確認画面が表示されるので、「Agree」ボタンをクリックします。
015_2
すぐに起動するかと思いきや、「Installing Components…」と表示され、いろいろファイルが追加されるので待ちます。すると、ようやく初期画面が表示されるので、終了します。
016_2
〇Xamarin Studio
ブラウザでXamarinのサイト(https://www.xamarin.com)に行き、「Pricing」をクリックすると、Xamarin Studio Communityのダウンロードリンクが表示されるので、クリックします。
003_2
004_2
名前/メールアドレス/会社名を入力する画面が表示されるので、適宜入力してダウンロードボタンをクリックします。
005_2
ダウンロードが終わったら、インストーラーを起動します。
006_2
インストーラー起動画面中央の矢印部分をダブルクリックします。
(この画面って必要なんでしょうか・・・?)
007_2
インストーラーが起動されるので、それなりに選択して進めます。
008_2
009_2
010_2
011_2
012_2
013_2
014_2
インストールが完了したらXamarin Studioを起動し、メニューから「Xamarin Studio Community」-「更新の確認」を選択します。
017_2
更新プログラムのダウンロード状況が表示されます(おそらく、何かしらのアップデートが存在してると思います)。
018_2
ダウンロードがすべて完了すると、「再起動して更新プログラムをインストールする」ボタンが表示されるので、クリックします。
019_2
Xamarin Studioの再起動が完了すればOKです。
ちなみに、この時点でVisual StidioからXamarin.iOSのビルドができる状態になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください