SCVMM2008R2のインストール

先日MCP試験070-403(System Center Virtual Machine Manager、構成)を受験したものの、もう少しのところで不合格でした。
ちょいとやる気がでたのと、セカンドショット対応のチケットだったので、もう一回受験しようかと。
実際に使ってみないとよくわからないので、実際に使ってみようとHyper-V環境内で
 ・Active Directoryサーバ
 ・VMMサーバ兼VMMライブラリサーバ
 ・VMM セルフサービスポータルサイト用サーバ
 ・VMM管理コンソール用クライアント
を一気に作成。
管理対象Hyper-VはAD/SCVMMを作りこんだホストOSに、VirtualServer2005R2もゲストOS内に構築という無茶苦茶な環境。
恥ずかしい
さすがにVMWare ESX Serverを作りこむマシンまでは持ってないのでそこは机上ということで。
全体的にインストールはすんなりできるんですが、何点か引っかかったのでメモ。
○各種VMM関連サーバ
 インストーラがサーバ間で通信するためのポートについてファイアウォール設定を自動変更してくれますが、サーバの再起動かファイアウォールの無効→有効(or 再起動)をしたほうがよいかもです。
 →セルフサービスポータルにアクセスできないことがありました。
○セルフサービスポータルサイト
 ・IIS7の場合、以下のコンポーネントの追加が必要
  ・[Webサーバ]-[アプリケーション開発]-[ASP.NET]
  ・[管理ツール]-[IIS6管理互換]-[IIS6 メタベース互換]

  ・[管理ツール]-[IIS6管理互換]-[IIS6 WMI互換]
 ・セルフサービスポータルサイトの通信ポートとしてポート80を使う場合、インストール前にDefault Web Siteを削除しておく必要がある。
  インストール時にポート競合のエラーとなって、インストールできません。
○管理コンソール
 セルフサービスポータルサイトがあるので不要かと思ってましたが、最低限1台は必須でした。(理由はこの後)
○セルフサービスポータルサイトへのアクセス権について
 セルフサービスポータルサイトにアクセスするためには、ユーザロールとして「ポータルアクセス」を追加しないとログインできません。
 →この作業を行うために、管理コンソールが必須になります。
これから、権限の設定とかSystem Manager Operation Manager(OpsMgr)2007とかWindowsシステム・リソース・マネージャ(WSRM)とかPerformance and Resource Optimization(PRO)とかの設定の確認です。
関連アプリがありすぎて、ややこしいです。(;一_一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください