第5回TFSUGに参加してきました

いろいろ悩んだ末、またもや「自腹」で参加してきましたw
今回、過去最高の参加人数とのことで、会場はほぼ席が埋まってました。

個人的に気になった点についてつらつらと。

○前説(@tomohnさん)
 ・Visual Studio ALM MVPが空席からお2人に(@kaorun55さんと@libatyさん)
  おめでとうございます<(_ _)>
 ・TFSUG監修の書籍が発刊
  Amazonだとこちらで予約中の模様。

○TFS de アジャイルを書いたわけ(@libatyさん)
 ・資料はこちら
 ・「まるで軍隊とゲリラだな」
  この言葉がすぐにでてくる上司の方もすごい方なのではないかと。
 ・2点見積もり/実績値の把握用項目をScrumテンプレートに追加
  こんなカスタマイズをさらっとできるのはさすがMVPです。
  [2012/04/16更新]
  たぶん項目追加だけでなく、レポートも変更/追加されていると思われます。
  @libatyさんよりフォロー頂き、「レポートは日本語化だけ。追加項目の処理は作業項目クエリーの表示列を増やしてExcelに取り込んで集計しているだけ」とのことです。
  ご指摘ありがとうございます<(_ _)>
 ・とりあえずやってみる≠無計画

○アジャイル開発から継続的デリバリーへ(@shibao800さん)
 ・資料はこちら
 ・ワークショップを毎週半日程度実施
 ・リスクベースドテスト
 ・カナリヤリリース
  はじめてこの言葉を聞きました。
  イノベーター理論から、レビューアーとして有効な「イノベーター」「アーリーアダプタ」に対して先行リリースを実施し、フィードバックを得るためのリリースのようです。
  (新フィーチャーに対して実施/通常エンハンスは今まで通りのリリース)
 ・上記環境を自分が作成したのではなく、チームにイメージを示しただけ
  チームにAgileな思考回路が定着しているのと、相当な技術力があることを感じます。

今回も、心洗われるというか、いろいろスッキリとさせて頂ける内容でした。
資料にもありましたが、@libatyさんの次回作に期待していますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください