Team Foundation Server MSSCCI Provider April 2010をWindows XP上のVB6で使う その1

せっかくTFS2010がリリースされたというのに、自分の部署は未だVisual SourceSafeを使用しており、移行する気配もありません。(;O;)
理由の一つに「開発をVB6で行っている」ことが挙げられます。

世の中には「Team Foundation Server MSSCCI Provider April 2010」なるものが登場しているのですが、「VB6で使えますよ」というのは見かけても、実際のインストール/設定内容についてはあまり見かけないので、ちょっとテストで環境構築してみました。

1.前準備
  今回はWindows XP Professional+Visual Basic 6.0の環境を前提にします。
  必要なのは
  ・Team Foundation Server MSSCCI Provider April 2010
  ・Visual Studio 2010 Team Explorer
  ・
.NET Framework 4
  ここで注意点が2つあります。
  (1) .NET Framework 4のランタイムにはFullとClient Profileの2種類がありますが、TFS MSSCCI ProviderをインストールするためにはFullが必要です。
  (2) TFS MSSCCI ProviderのDownloadサイトにあるSystem Requirementsには「Supported Operating Systems: Windows XP Service Pack 2」とありますが、間違いです。
    .NET Framework 4の前提がSP3なので、TFS MSSCCI Providerの前提条件はXP SP3になります。
 長くなりそうなので、続きをば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください