Team Foundation Server MSSCCI Provider April 2010をWindows XP上のVB6で使う その2

さて、続きです。

2.インストール
  .NET Framework 4→Visual Studio 2010 Team Explorer→Team Foundation Server MSSCCI Provider April 2010の順にインストールするだけです。

3.VB6の設定
  (1) まずは、TFS MSSCCI Providerのレジストリ登録です。
    コマンドプロンプトを起動し、Provider DLLが格納されているフォルダ(標準だと「C:\Program Files\Microsoft Team Foundation Server MSSCCI Provider」)に移動します。
    その後、「regsvr32 TfsMsscciProvider.dll」を実行します。
    →世の中をあさっても、「TfsMsscciProvider.dll」の名前がでてこないんですよね。
  (2) WindowsフォルダにあるVB6用アドイン設定Iniファイル(vbaddin.ini)を開き、「vbscc=3」を追加する。

これでVB6を起動すると、「ツール」メニューにTeam Foundation Serverのメニューが追加されます。

使った時の画面とかはまた今度。
→TechEd 2010参加中で、環境が見れないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください