VS IDEとEclipseでのビルド定義の違い

新しいTFS Power Toolsも触りたいですが、まずはネタを放出しないと忘れそうです。

VS IDEは当然ですが、EclipseでもTeam Explorer EverywhereをインストールするとTeam Explorerが使えます。
そこからビルド定義が作成できるのですが、VS IDEとEclipseとで定義できる内容が異なります。

VS IDEの画面は、
Scr000054
と、ビルド時のプロセスを定義できるのに対して、Eclipseの画面は
Scr000006
と、ビルド定義ファイルを作成するだけの画面になります。

詳細項目(ビルドエージェントの指定/MSBuild.exeへのパラメータ設定)はVS IDEからしか指定できないので、.NETで開発しないプロジェクトでも通常の(Everywhereではない)Team Explorerはあったほうがよい(というか必須?)と思われます。

ちなみに、ビルド定義の新規作成はEclipseから行い、詳細をVS IDEで変更するのが簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください