VSSからTFSへの移行例:VSS分析→ユーザマッピング定義作成

 移行対象のVSSに対して、移行可能かどうかの分析と、VSSを使用したユーザ一覧を出力させます。
 次に、VSS側ユーザ一覧を元に、VSS上で使用されていたユーザと、TFS上のユーザを結びつけるための準備をします。

○分析用設定ファイルの作成
 VSS移行ツールであるVSSConverter.exeを使用して、VSS上で使用されていたユーザ名一覧をファイルに出力します。
 概要については、MSDNサイト内の
 「方法 : ソース管理の分析および移行の設定ファイルを作成する
 「VSS コンバータ設定ファイルのサンプル
 になります。
 サンプルとしてはこんな感じです。
  <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  <SourceControlConverter>
        <ConverterSpecificSetting>
              <Source name="VSS">
                    <VSSDatabase name="[VSS DBファイルの格納フォルダ]"></VSSDatabase>
                    <UserMap name="[ユーザ一覧出力ファイル名(.xml)]"></UserMap>
              </Source>
              <ProjectMap>
              <Project Source="$/"></Project>
              </ProjectMap>
        </ConverterSpecificSetting>
        <Settings>
         <Output file="[分析結果出力ファイル名(.xml)]"></Output>
       </Settings>
  </SourceControlConverter>
 ※設定ファイルの文字コードをUTF-8で保存しないと実行時に怒られます。
 分析の時点では、TFSに関する情報は必要ありません。

○分析実行
 Visual Studio コマンドプロンプト(2010)を管理者権限で起動します。

Vss2tfs01

 VSSConverterコマンドをAnalyzeオプションをつけて実行します。
 VSSConverter analyze [分析用設定ファイル名]

 しばらくすると、分析が完了します。

Vss2tfs07

 全体的な分析結果については[分析結果出力ファイル名(.xml)]に、VSS内で使用されたユーザ一覧については[ユーザ一覧出力ファイル名(.xml)]に出力されます。

○TFSプロジェクト作成
 移行先のTFSプロジェクトを作成します。

○TFSプロジェクトに対して利用ユーザを設定
 VSS内で使用されたユーザの割り当て先となるユーザを、TFSプロジェクトに登録します。

○ユーザマッピング定義ファイル作成
 分析時に作成されたユーザ一覧ファイルを元に、VSS側ユーザとTFS側ユーザのマッピング定義を作成します。
 ・変更前(分析時)
    <UserMap From="VSSUser01" To="" />
    <UserMap From="VSSUser02" To="" />
    <UserMap From="VSSUser03" To="" />
 ・変更後
    <UserMap From="VSSUser01" To="TFSUser01" />
    <UserMap From="VSSUser02" To="TFSUser02" />
    <UserMap From="VSSUser03" To="TFSUser03" />

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください