TFS2010のBuildProcessTemplate編集 その1

FindBugsの実行結果をビルド実行結果から参照するためには、ビルド結果メッセージを出力しないといけないはずです。

となると、「ビルドが終わったら」とか「FindBugsが終わったら」といったタイミングで出力することになりそうですが、どこでどうやったら可能なんでしょうか??

TFSの場合、いろんな処理のフロー(ビルドプロセス)については、ビルド定義で指定されているビルドプロセステンプレートに定義します。
個別に処理を変更した場合には、テンプレートファイルを編集します。
編集例はMSDNのチュートリアル: カスタム ワークフローの定義と Team Foundation ビルドからのデータベースの配置にあります。

TFSのビルドプロセスは、ビルド定義にある「プロセス」で指定されています。

Act001

実体は、Windows Workflow Foundation(WF)用のXAMLファイルになっています。
XAMLファイルなので、テキストエディタでペシペシ編集すると想像してしまいますが、
なんと、WF用のエディタ画面があります!
ビルド定義画面で「バージョンコントロールパス」をクリックし、ソース管理エクスプローラーから、ビルドプロセスファイルに指定されているファイル(今回はUpgradeTemplate.xaml)をダブルクリックします。

Act003

なんということでしょう、ワークフローエディタ画面になるではありませんか。
ツールボックスにもたくさん入っています。

Act004

ビルド結果にメッセージを出力するための部品(アクティビティ)としては、
 ・WriteBuildError
 ・WriteBuildInformation<T>
 ・WriteBuildMessage
 ・WriteBuildWarning
の4つになります。

Act005

次は、ためしにWriteBuildMessageで単純なメッセージを出力してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください