TFSカスタムアクティビティの展開:VS IDEへの登録

ビルドワークフローを編集する端末でビルドプロセステンプレートファイルを開きます。ツールボックスの「全般」タブで右クリックし、「アイテムの選択」を選択します。

Act033

アイテムの選択画面で、「System.Activitiesコンポーネント」タブにある「参照」ボタンを押します。

Act036

インストールしたアセンブリ(dll)を選択するのですが、「C:\Windows\Microsoft.NET\assembly\GAC_MSIL」に、「CustomActivities」フォルダがあり、その中にあるわけのわからない名前(バージョン番号+公開キートークン)になっているフォルダ内のdllファイルを選択します。すると、ツールボックスに「WriteExternalLink」が表示されます。

Act037


Act038


Act039


Act040

次に、これを使って、適用なファイルへのリンクを出力するようにワークフローを変更します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください