TFSカスタムアクティビティを使ったビルド結果へのドキュメントリンク その1

まずは、ビルドサーバに適当なファイルを作成します。
クライアントから参照できないと意味がないので、ビルドサーバの共有フォルダ直下(ここでは「E:\JavaBuildWork」→「\\build2008r2\JavaBuildWork」)に作成します。

Act041

VS IDEでビルドワークフローを開き、先ほど登録したアクティビティを追加します。

Act042

修正を保存/チェックインし、ビルドを実行してみます。
ビルド結果に「ファイルへのリンク」が表示され、リンクをクリックするとリンク先が表示されます。





Act043_3


Act044

Eclipseからでも同じように参照できます。



Act045_2


Act046

たぶん次が最後ですが、FindBugsの実行結果をリンク先にしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください