TFSの分岐について:ワークスペースの作成

TFSでは、TFSサーバ側で管理しているプロジェクトフォルダと、作業を行うコンピュータのローカルフォルダをマッピングするために「ワークスペース」というものを定義します。
※別プロジェクトのワークスペースまで消さないでくださいね

ソース管理エクスプローラー、もしくはチームエクスプローラーの「保留中の変更」からワークスペースの管理画面を開きます。

002


003

デフォルトだとコンピュータ名がワークスペース名となったワークスペースが1つ作成されていると思います。

004

一度このワークスペースを削除し、改めてMAINブランチ用のワークスペースを作成します。

005

設定後、最新ファイルの取得確認が表示されますので、「はい」で取得します。

006

これで、MAINブランチ用ワークスペースが作成できました。

同様に、DEVELOPMENTブランチ用ワークスペースも作成します。

010_2

ちなみに、なぜブランチごとにワークスペースを作成するのかですが、TFS/VSがワークスペースの定義を基準にしていろんな管理を行うためです。
たとえばですが、複数のソリューションを同じワークスペースで作業した場合、とあるソリューションで変更し、チェックインしようとしたときに、別ソリューションの変更中ファイルも合わせてチェックインしてしまいます。
これではブランチを作る意味がないので、ブランチごとにちゃんとワークスペースを作成するようにしましょう。

次は、作業中ワークスペースの確認についてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください