TFS2013インストール(できるだけコマンドで) その6:SharePoint Foundation 2013のインストール

SharePoint Foundation 2013本体のインストールです。

前々回でイメージを「C:\Temp\Extract」に展開していますので、それを使います。

そろそろ飽きてきそうですが、実行するコマンドは「C:\Temp\Extract\Setup.exe /config [構成ファイル]」です。
詳しくはTechNetの「Config.xml リファレンス (SharePoint Server 2010)」にありますが、引数に指定する構成ファイルのテンプレートは、「C:\Temp\Extract\files」の下に4種類あります。(フォルダ別に格納されています)
今回は「setupfarmsilent\config.xml」をベースにします。
このままでもインストールできるのですが、画面が表示されないと寂しいので、Display要素を以下のように変更します。
<Display Level="basic" CompletionNotice="no" AcceptEURA="Yes" />

あとはsetupコマンドを実行するだけです。

次は、Team Foundation Server 2013のインストールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください