TFS2013インストール(できるだけコマンドで) その7:Team Foundation Server 2013のインストール

やっとここまで来ました。Team Foundation Server 2013のインストールです。

やることは「Tfs_Server.exe /quiet」だけです。
だけなんですが、画面が全く表示されません。インストールが終わったかどうかを確認するためにはタスクマネージャーしかありませんw

ログは「C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Temp」にある「dd_tfs_server_[yyyymmddhhmmss].log」に出力されます。
最後に「Exit code: 0x0」とあれば(多分)正常終了です。
ちなみに、GUIでインストールし、キャンセル終了した場合は「0x642」と出力されます。

これで、TFSのインストールまで完了しました。
サーバの構成などは管理コンソールから「画面」で行います。
一度構築した構成を変更するのはコマンドでできるのですが、初期構築をコマンドで行う方法が今のところわかりません。どこかで見つけたときにはまとめたいと思います。

また、PowerShellをうまく使えば、放置状態で最後までインストールできるかもしれません。
(PowerShell勉強不足なもので・・・<(_ _)>)

これでTFS 2013 Update3の環境ができたので、本来の調べものに取り掛かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください