VMConnectのショートカットキー

最近、いろいろな環境を作るのにHyper-Vを使っています。
ただ、サーバへリモートデスクトップ接続した状態でHyper-Vマネージャーから仮想マシンに接続したときに、統合サービスがインストールされていないとマウスが仮想マシンのウィンドウにキャプチャされ、ショートカットキーを押さないと抜け出せません。(Windows Server 2008 R2とWindows 7はOSセットアップ時から統合サービスが組み込まれている状態なので、この事象は発生しません)
昔使用していたVirtualServer2005だと、デフォルトがAltキーでしたが、Hyper-V(VMConnect)ではAlt+Ctrl+←キーに変更されています。
普通はこの組み合わせで問題ないのですが、会社の環境(ノートPCにディスプレイをつけてマルチディスプレイ状態。OSはWindows7でHyper-Vマネージャーをインストール)でこのショートカットキーを使用すると・・・
画面が回転するぅ~~~~~(@_@;)
PS2キーボード+PS2マウス→USB変換コネクタを使用しているのでそのせいかもしれませんが、ノートPCのキーボードでもなったような・・・。
ちなみに、対策はShiftキーをまぜて「Alt+Ctrl+Shift+←」とすると問題なく使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください