Linux統合サービスインストールで依存エラーになった場合

完全にメモなので簡単に。

LinuxIC V3.2で「./install.sh」を実行したときに、依存関係のエラーが発生したときは、以下のコマンドで依存関係をチェックしないようにしてインストールする。
<エラーメッセージ>

017

<インストール>
LinuxICv3.2のCD-ROMがマウントされているディレクトリで実行
rpm -Uhv –nodeps kmod-microsoft-hyper-v-rhel6-43.1.x86_64.rpm
rpm -Uhv –nodeps microsoft-hyper-v-rhel6-43.1.x86_64.rpm
reboot

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください