TFSでJavaのビルド環境構築 in 2012 その1:概要

TFS2010での環境構築は以前に書きましたが、改めてTFS2012で構築してみました。
ただ、同じものを再構築しても面白くないので、
 ・FindBugsだけじゃなく、JUnitもCobertura(JCoverage)もCheckStyleも動かす
 ・チェック実行は全部行うが、どれかでエラーが検知されたらビルドをエラーとする
  「JUnitでエラー検知したら、FindBugsのチェックが実行されない」なんてことはありません。
 ・ビルド結果からの直接リンクは使わない(TFServiceで使えないので)
という感じで変更しました。

まずはどう動くかですが、
○正常時
 ビルド結果はこんな感じです

001

JUnitの実行結果がちゃんと表示できています。
「格納フォルダーを開く」でビルドで生成したファイルの内容を確認します。

002

JUnit

003

FindBugs

004

Cobertura

005


006

CheckStyleは次(エラー検知時)に載せます。
(ソースが汚くエラー消し込みできなかったので、正常時のスナップショット取るときはCheckStyle通しませんでした<(_ _)>)

○エラー検知時
「ビルドに失敗しました」となってます。

007

JUnitのテストエラーがちゃんと反映されています。
「ログファイルの表示」でビルドログを確認してみます。

008

「checkmetrics」のところに、どれでエラーを検知したかを追加しています。
(今回はCheckStyle、FindBugs、JUnitの全部でエラーを出しています)
エラーを検知したので、最終生成物のJarファイルは作成していません。

009

それぞれのチェック結果も出力できています。
JUnit

010

FindBugs

011

Cobertura

012

CheckStyle

013

これぐらいのことができれば、仕事で環境構築する際にも最低限使える内容かなと思ってます。
次はサーバ環境とプロジェクト構成についてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください